Apple Pencilのレビュー!おすすめアプリやケースはこれ!

Apple Pencilとは2015年11月に発売されたiPad Pro用の専用スタイラスのことです。近年は通称「タッチペン」と言われるタッチパネル操作を補助するペンが数多く出回っていますが、Apple Pencilはその中でも群を抜いた性能を発揮し話題を呼んでいる商品です。では何がすごいのか。まずはApple Pencilの使い方からレビュー、そしてアプリなどの情報をまとめてみました。

Sponsored Link

「紙と鉛筆」がコンセプトのApple Pencil。果たしてその使い心地は?

全国で在庫切れを起こしているApple Pencil。そのApple Pencilを買い求める人を「Apple Pencil難民」とも呼んでいるそうですが、実際の機能や使い勝手がそうさせているといえます。では、具体的にApple Pencilの気になるところをそれぞれ詳しくみていきましょう。

1.使い始めがとっても簡単

Apple Pencil使用する際はペンとiPad ProをBluetoothペアリングする必要があります。ペアリングと聞くと複雑なイメージをもたれる方が多いですが、Apple Pencilの場合は凄く簡単です。まず、キャップを外して iPad ProのLightningコネクタに接続します。

接続後「ペアリング」ボタンが表示されるので、それをタップするだけです。こんなに簡単なら…と思った方!この方法なら大丈夫そうですよね。

2.筆圧を感知して線の太さを調節できる

Apple Pencilは先端が繊細なセンサーになっており、どれぐらいの強さで押されているのかその圧力を測ることがきる構造になっています。そのため、強めに押すと太めの線を、優しいタッチなら、微かな細い線を描くことができます。「筆」を連想させる動きですよね。

3.傾斜センサーによって濃淡を表現できる

Apple Pencilには2つの傾斜センサーが搭載されており、手の向きと角度を瞬時に計算することができます。そのため「鉛筆」のように先端を傾けるだけで濃淡を調整できるようになっています。

Apple Pencil レビュー

実際に箱から出して気付いたことをまとめてみましたので、参考にしてみてください。在庫切れが相次ぐ人気商品「Apple Pencil」のレビューをご紹介します!

Apple社のこだわり発見!

Apple Pencilを箱から出すと、上部には鏡面加工されたリング上の金属にAppleのロゴと製品名が刻印されています。実はこのロゴ部分、Apple Pencilをどう転がしても必ずロゴが上に来るように重心調整されているのだそうです。Apple社らしいこだわりですよね。

手が画面に触れたまま字が書ける!!

「はい??」と思った方、これは実際に経験しないと分からないポイントです。例えば携帯キャリアのSoftBankやauショップ等に行きますと、ペーパーレス化の一環で紙ではなくタブレットにサインするようになってきましたよね。その際、自筆サインを書こうにもうまく書けず、何回も書き直したことがあるかと思います。「画面に手が触れているとうまく字が書けないので・・・」と説明する店員さんの苦労もお察しします。しかし、このApple PencilとiPad Proを使えば手が触れたまま字や絵がきれいに書けるようになったのです。この機能をApple社はパームリジェクションと呼んでいます。

これは注意が必要か!?

Apple PencilをiPad Proに接続すると気付くのですが、少し浮きます。つまり「奥までさせない」ようになっていますので、ペアリングや充電時には十分注意が必要です。間違っても接続したまま持ち歩くようなことはしない方がいいでしょう。

大丈夫!充電アダプタも同梱されてますよ!!!

Apple Pencilは直接iPad Proに接続して充電できますが、先にお伝えした折れる危険性と不格好さを考えたら直接充電は避けたいところですよね。でもご安心ください!Apple Pencilには充電用アダプタが同梱されていますので、iPadやiPhoneの充電器で充電することもできます。この方が見て目にもスマートかも知れません。

指モード!?

これはiPad Pro側の設定になりますが、例えばApple Pencilを描画、指を消しゴムといったように指とペンで別のツールを割り当てることができます。さらに誤作動を防ぎたい場合は、指で反応しないようにすることもできてしまいます。

次のページではApplepencilの充電時間やトラブルシューティングの方法についてになります!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です