AppleWatch2新情報!APPLEは欧米からアジアへシフトを行っています。

AppleWatch2の新情報が出てきましたのでまとめます。そして、発表はiPhone7と同じに発表されるのではないかという情報も出てきました。

AppleWatch2の新情報

ダウンロード (19)

今回のAppleWatch2は時計本体よりもバンドの多種多様な展開に力を入れているのではという見方がつよいそうですが、かなりヴァージョンアップするみたいです。

・現在より20%から40%薄くなる。

・時計は大きなディスプレイでiOS10搭載

・バッテリーが現行版より長持ちなる

・ベゼル上部にFaceTimeカメラを搭載

また、データ転送速度の飛躍的な向上により位置情報の正確化、3G/4GのサポートでiPhoneやWi-Fi不要、Apple Musicのストリーミングなどが可能になりそうです。

以下翻訳になります。

噂によるとAPPLE WATCH2は IPHONE7と同じ時期の2016年秋の発売を予定されている。新しい時計のWWCは6月秋に発売の予定でしたが技術的微調整の問題で延期となりました。

images (17)

アップルアナリストのBRIAN WHITEはウオールストリートのDREXEL HAMILTONファームで働き、APPLEWATCH2は現在の製品より20%から40%薄い製品です。時計は大きなディスプレイでiOS10搭載で、バッテリーは長持ちです。

APPLE WATCHのインド販売価格30,900ルピーで今年初めからAPPLEの海外チャンネルで購入可能です。
不確定な情報ですが、APPLEは SAMSUNGのFOUNDARY14FFの生産と統合して安い製品を供給、時計の性能向上に努めています。
ベゼルのFACETIMEカメラにも統合が見られます、FDHビデオレコードもでき、90%のインプルーブメントと新しいデバイスは正確な位置情報を提供いたします。

興味深いことにAPPLEはCELLULARと時計を結び付け3G,4Gのサポートを受けられます、時計はFULL-FLEDGE PHONEのようにWIFIにコネクトしなくてもメッセージが受け取れます。もうすぐでるAPPLE WATCH2はAPPLE MUSICをストリームできる機能もあります。

APPLEはインドのバンガロールにデザインとディベロップセンターをインドに設立、エンジニアの育成とiOSの開発集団を作り、2017年初めのオープンを予定。

販売日は考慮中ですが、APPLE WATCH2とIPHONE7はともに9月9か16に発売予定です。新製品もアメリカ、欧州に次いでアジアのインドなどで販売予定です。

発売予定のiPhone7はワイドレンジなRAMと内部にchip (SoC)によるA10システムを搭載、6ミリの厚さでAPPLEワイアレスチャージを搭載、新型 iPhone7は2K ディスプレイのサポートを受けフロントフェーシングスピーカーと8MP

の非金属の耐水フレームでできています。

コメント

APPLEは生産拠点をアジアのインドなどにシフトし、生産ラインもサムソンなどと融合し販売も欧米とアジア同時発売とするアジアへのシフトを強化しています。

技術的には時計とIT技術が統合してウェアラブルなテクノロジーに著しい進化が見られます。

生産もアジア、販売もアジアになるのはアジアの人口の多さと今後経済が伸びる国を見据えての戦略だと思われます。

Source:The Time of India

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です