iPadのガラスが割れた!iPadを修理に出す手順と方法!無料で直るかも!?

誰も好んでiPadのガラスを割ったりしませんよね?

でも落としたら割れてしまった!気が付いたらiPadの液晶に亀裂が入っていた!

アプリを起動中の液晶の表示がおかしい!最近iPadの駆動時間が短い!突然電源が落ちることがある!

もしかしたら、ガラスが割れる前兆かもしれません。

また、長く使っていると間違ってガラスを割ってしまったり液晶パネルの異常やバッテリーの持続時間が短くなったりと何かと問題が発生しやすくなります。

今回は「本体から液晶パネルが浮いてる!」ことに気がつき私が、実際にiPadを修理に出した経緯を含め今回は、iPadを修理に出す手順や方法について実体験をもとにご紹介します。

また、もしかしたら無料で直せるかもしれませんのでいろんな方法を探してみてください!!

一日でも早くiPadが元通りになることを願ってます。

Sponsored Link

iPadのガラス(液晶画面)の修理費用について

IMG_7505

私が、今回修理に出したのは、2014年10月に購入した「iPad Air 2」が本体から液晶パネルが一部浮いて数mm隙間ができているのを発見し修理依頼することになりました。

最近バッテリーの持ちが悪いなと思いながらも液晶表示に異常なく使用できていたため、液晶パネルの浮きを発見した時は驚きました。

私の場合ガラスが割れてはいませんが修理に出して液晶パネル交換になるかもしれないと不安になり
修理に出すと決めて一番の気がかりは、「iPadのガラス(液晶画面)の修理費用」でした。

iPadは、iPhoneに比べ画面が大きい分修理費用も高いです。

今現在(2016/8/3)のアップル公式サイトの端末別修理費は下記のように記載されてます。

保証対象外* 修理サービス料金(全て税別価格)

iPad mini、iPad mini 2:20,800 円

iPad、iPad 2、iPad Air:24,800 円

iPad (第 3 世代)、iPad (第 4 世代)、iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Air 2:29,400 円

iPad Pro (9.7 インチ):42,400 円 、iPad Pro (12.9 インチ):67,800 円

* 過失や事故による損傷は保証対象外、すなわち Apple 製品 1 年限定保証の対象にはなりません。

私のは、「iPad Air 2」なので税抜き29400円です。高いですけど買い換えるよりは、安く済むので修理に出すことに決めました。

Apple 修理サポートセンターでの修理がおすすめな理由とは?

IMG_0113

Appleには、修理規定というものがありApple以外で修理すると非正規修理とみなされガラス交換後に本体内部でバッテリー異常などの問題発生した場合Appleへ修理を依頼しても受け付けされないので「Apple 修理サポートセンター」での修理がおすすめです。

Apple修理規定ついて詳しくはこちらを参考にしてください。
近くにアップルストアがない場合「Apple 正規サービスプロバイダー」と認定された店舗で修理すればアップルで修理した場合と同じことです。

アップル正規サービスプロバイダーとして認定されるには、修理サービスを提供するスタッフ全員が、アップルの認定資格をもっており、アップルと協議の上、規定に応じた店舗を用意できる必要がある。アップルが認めたサービスレベルであると考えてよい。またiPhone以外のアップル製品(iPadやMacなど)もサポートする。

アップル正規サービスプロバイダーとして修理サービスを行っている業者には、カメラのキタムラ、ビックカメラ、クイックガレージ(グローバルソリューション株式会社)、NEWCOM(イオングループ)などがある。

私の居住地域には、アップルストアも「「Apple 正規サービスプロバイダー」もないのでアップルオンライン修理サービスしか選択肢がありませんでした。

実店舗に持ち込めば原因や修理費がオンライン修理よりiPadを輸送する時間がないのでその場で結果が、わかりますが修理する内容や費用は同じなので私は、オンライン修理サービスを依頼しました。

次のページではipadのiPadの保証状況や修理を出す流れについてになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です