iPadProのキーボードApple/Logicool/popskyはどれがおすすめ?いい?比較してみた!

iPadProに限らずiPhoneもそうですが、文字を入力する時に液晶画面の半分近くを占領するキーボードが出てきて文字を入力します。
普段の簡単なメールのやり取りや簡単なメモをするには、邪魔に感じないのですが、長文を書いたりする時は、画面全体が見えてパソコンように使えるキーボードの方が、効率が良くなりますね。

今回は、iPadProのキーボードについてレビューを参考にどれがおすすめなのかについてご紹介します。

これから購入する際の参考になれば幸いです。

iPadPro キーボード Apple smartkeyboard レビュー

tm_1512_ik1200_16

Apple純正品という安心感がある「Apple smartkeyboard」9.7インチ15,800円(税抜き)

12.9インチ17,800円(税抜き)主な仕様

9.7型iPad Proでは、iPad Proシリーズで新規搭載されたSmart Connectorの採用により、設定不要で簡単に接続できるようになった。

このコネクタ経由で物理的に信号をやりとりしているので、Bluetoothにありがちな通信環境の問題で不意に接続が途切れるようなことはない。

  • iPad Pro本体から給電されるので、別途充電する必要がない。
  • キー配列が日本語のJIS配列ではなく、US配列
  • キーボード単体の重量は9,7インチ230g/12.9インチ(約334g)
  • 9.7インチ iPad Pro WiFi版の重さが 434gなので合計の重さは 664g

【良い点のレビューまとめ】

  • Smart Coverと見分けがつかないデザインで持ち歩きやすい
  • iPad Proから給電するためバッテリーが切れという心配を避けることができる
  • 直接文字入力のデータがやりとりされるて延滞することなく文字入力が可能
  • Bluetooth接続ではないのでペアリングなどの作業は不要

【悪い点のレビューまとめ】

  • 価格が高い/重い(230g)
  • 打ち心地は決してよくない
  • US配列しか選択肢がない
  • キーボードを使わない普段の生活においては重くて邪魔

実際に使ってみないとわかりませんが、「Apple smartkeyboard」は、多少重くても

Smart Coverにキーボード機能がついていて頻繁に持ち歩いて外出先で使用するのに適したキーボードなのかもしれませんね。

iPadPro キーボード ロジクロール レビュー

tm_1512_ik1200_15

Apple純正品では、ありませんがApple公式ストアーで販売されてる

「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro 」9.7インチ15,800円 (税別)

12.9インチ  18,800円(税抜き)主な仕様

フルサイズのバックライトキーボード

iPad Pro Smart Connectorから電力が供給されるので、充電は不要です

保護カバーが傷や液体から保護します

Apple Pencilがすっきり収まるホルダー付きです(9.7インチモデルのみ)

自動スリープ/スリープ解除/iOSショートカットを内蔵

  • 「Apple smartkeyboard」と同様にiPad Pro本体から給電されるので、別途充電する必要がない
  • 文字を入力する角度になると自動的に電源がオンになり、iPad Proに接続される
  • Bluetoothによるペアリングは必要がない
  • キーボード単体の重量9.7インチ426 g/12.9インチ725g
  • 19mmキーピッチのバックライト付きフルサイズキーでUS配列

【良い点のレビューまとめ】

  • 純正は前面のみのカバーとなり、背面は露出しますがロジクール製jは、背面もカバーできる
  • まるでMacBock?と思ってしまう見た目が好き
  • キーボードはMacBookそのものでほとんど同じ打鍵感で充電しなくても良い
  • キーボードケース自体が本体を保護してくれるので安心

【悪い点のレビューまとめ】

  • とにかく「重い」(426g)(725g)「分厚い」上に説明書がない
  • 普通に文章を打っていても入力がついて来ないので、かなりイライラさせられる
  • キーボードが光るのは暗い場所で使いやすくて便利だが電源を本体に頼っているので充電の減りも早まる
  • バッグライトはMacBookに比べるとチープ

iPadPro キーボード popsky レビュー

61os5svhbll__sl1000_

「PopSky iPad Pro 9.7 ケースキーボード分離可能【2016 全3色】」2016/10/18現在

9.7インチ3,280円(税込)12,9インチ6,300円(税込)主な仕様

iPad Pro に内蔵のBiuetooth(ブルートゥース)でつなぐだけで、ワイヤレスで使用が可能
本体だけではなく、パネルも保護する手帳タイプで、大切な iPadを傷や汚れから保護できます
鍵感がよく、キー間隔が広く、タイプミスを軽減します
重量:9.7インチ約430g/12,9インチ約1000g
9.7インチ版:充電時間:約4~5時間/稼動時間:約70時間(使用状況に応じて)

12.9インチ版:充電時間:約2~3時間 /稼動時間:約150時間(使用状況に応じて)

キーボード分離可能

【良い点のレビューまとめ】

  • 安くて軽くてタイピングもスムーズに打てて使いやすい
  • iPad本体とカバーがマグネットでくっていているので、移動中にiPadだけ使いたい時に、簡単に取り外せて便利
  • iPad本体とカバーが簡単に取り外せて便利

【悪い点のレビューまとめ】

  • 作りや素材の安っぽさが有る
  • 日本語の説明書がなくキーボードもちょっと普通と違う

amazonで購入する方が少ないようでレビューそのものも少ないです。


今回は、三種類のiPad Pro (9.7インチ)のキーボードを紹介しました。
ここまで三種のキーボードを紹介して言うのもなんですが、
私ならこうする!というのを最後に今回のご紹介を終わりたいと思います。

何もキーボードがiPad Pro と一体型にこだわる必要がないのかなと考えると
「Apple smartkeyboard」と「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro 」は、重くて高いので私なら選択肢から外れます。一体型にこだわっててないので「PopSky iPad Pro 9.7 ケースキーボード分離可能【2016 全3色】」
も除外します。

私ならスタンド機能がついたケースに入れてBiuetooth(ブルートゥース)接続タイプの安めで軽いキーボードを探して
iPadとキーボードが入るスリーブケースもしくはバッグを持ち歩くことを選びます。

簡単なメールの返信や短文入力だけでしたらiPad単体で済む時もありますし長文入力したい時にだけキーボードを出して使うということができるからです。


重いけど見た目重視だったり操作性が優先だったりとそれぞれ一長一短があるようですね。

考え方や好みも人それぞれですので購入する際の参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です