iPadの中古は危険?購入を考えてる場合の注意点とは?ポイントをおさえれば大丈夫!

私が、最初に使った(購入した)アップル製品は、iPhoneだったので初めてiPadを購入する時に使いこなせるかな?という不安は全くなかったのでアップルストアから新品を購入しました。

今回は、初めてiPadを購入するのに不安がありまずは、中古品の購入を検討してる場合の注意点についてご紹介します。

良品に巡り合えますよう願ってます。

Sponsored Link

中古iPadの危険性について

無題

iPadに限らず中古品を購入するには、それなりのリスクが伴うことは、当然のことです。

購入前にしっかりとその商品を見極め、可能な限り初期不良や故障といったトラブルに合う可能性を極力減らすことで
中古iPadの危険性を減らすことができます。

中古品の全てが危険なわけでなく後述する購入する際の注意点を守って購入すればそれほど危険ではないです。

私は、iPadの中古品を購入したことがありませんがiPhoneの中古品を購入し今現在、不具合もなく毎日使用しています。

中古iPadを購入する際の注意点について

20150622_220242

中古iPadを購入すると決めた後に注意する点または後悔しないようにするためのチェックポイントがいくつかあります。

ポイント1:自分の目的に合ったiPadのモデル(液晶のサイズ)を選びます。

現在アップルストアで販売されているiPadは、大きく分けて4種類ありますが、中古を購入する場合初代iPadから数えると現在(2016/7/26)全部で12種類の中から選ぶことが可能です。

古いiPadほど市場価格は低く新しければ高くなるのは、当たり前として重要なのは、使用目的に合ったモデルに決めることです。
例えばiPhoneで遊ぶゲームアプリを大きい画面のiPadで遊びたいという目的だとするとアプリによっては、対応OSが○○以上と設定されてて購入したiPadが設定されたOSにアップデートできないと購入したiPadで遊びたかったゲームができません。

ポイント2:ストレージ容量を決める

iPadには「16GB」「32GB」「64GB」「128GB」「256GB」のストレージ容量があります。
「大は小を兼ねる」という言葉通り容量が多いに越したことはありませんが容量が多いと金額も高くなります。

ポント3:「Wi-Fiモデル」・「Cellularモデル(Wi-Fi+3G/4G」どちらにするか決める

iPadは、「電話回線モデル(Wi-Fi + 3G/4G/Cellular)」と「インターネット回線モデル(Wi-Fi)」に分けられます。

自宅に無線LAN環境があり最近では無線LAN環境が整った施設もたくさん増え主に自宅や無線LAN環境のある場所での使用でしたら「インターネット回線モデル(Wi-Fi)」です。

「電話回線モデル(Wi-Fi+3G/4G/Cellular)」は、Wi-Fiモデルのように無線LANを使ったインターネットもできますし、通信会社の電波を使ったインターネットも可能です。ただし、通信会社の電波を使ったインターネットは、通信会社と契約し、通信費として料金を支払う必要があります。

もし、通信会社とインターネットの契約をし、実際に使ってみたが、必要ない・毎月の通信を払う余裕が無くなったとなれば、3G契約は解約することができ、Wi-Fiモデルとして無料で使い続けることが可能です。

「インターネット回線モデル(Wi-Fi)」は「電話回線モデル」に比べて定価も安いです。

ポイント4:「電話回線モデル(Wi-Fi+3G/4G/Cellular)」の注意事項

オークションや信頼のおけないショップなどでiPadを購入する場合は、「赤ロム」に注意してください。

赤ロムとは、iPad購入時に分割払いを選択しておきながら、支払い途中で売りに出されたiPadの事で、赤ロム判定された端末は、ネットワーク利用制限が掛けられ3G/4G/Cellular通信が出来ません。

購入した中古のiPadを「他社のiPadを持ち込んだ場合「SIMロック」という制限が掛けれれている為、回線の契約はできないので3G回線の契約を考えている場合は、元の利用者の契約会社を確認する必要があります。

「インターネット回線モデル(Wi-Fi)」の場合は、ネットワーク利用制限は、ありませんが残債済みな端末かどうかを各端末の 製造番号を入力することで
各キャリアの「ネットワーク利用制限」のページで調べることが可能です。

「電話回線モデル(Wi-Fi+3G/4G/Cellular)」の赤ロムに注意さえすればあとは、
iPad本体の液晶部分や背面に傷・刻印の有無・付属品の有無・ホームボタンの効き具合・バッテリーの劣化状況・前の持ち主がいつ購入したかです。

できるだけ自分が求める条件に合ったiPadを探すことが、重要です。

次のページでは購入しても大丈夫なiPadかどうかの見極め方についてになります!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です