iPhoneのバックアップの方法とは?

今回はiPhoneに保存されている写真や動画・アプリ、連絡先などの消えては困ってしまうデータなどのバックアップ方法について紹介します。

その前にiPhoneでバックアップできるものは?というと、iPhoneのバックアップはかなり強力で、ほぼすべてがバックアップできます。

iPhoneでバックアップできるものは?

2013-09-20it04

iPhoneのバックアップでバックアップできるものは、

1.音楽(日本では不可)
2.App(アプリ)
3.ブック*
4.カメラロールの写真とビデオ
5.iPhoneの設定 (電話のよく使う項目、壁紙、メール、連絡先、カレンダーのアカウント)
6.アプリのデータ
7.ホーム画面と App の編成
8.メッセージ (iMessage、SMS、および MMS 携帯メールです)
9.着信音

音楽以外はほぼすべてバックアップでき、iPhoneを買い替えても古いiPhoneと全く同じ状態で復元することが出来ます。

音楽も購入したものは、あとで無料でダウンロードできますし、パソコンにつなげればパソコンから転送されますよ。

では、iPhoneのバックアップをする方法についていきましょう。

iPhoneのバックアップする方法は?

15000

iPhoneのバックアップをする方法には、

・iCloudを利用したネット上にバックアップする方法
・パソコン上にバックアップする方法

の2つの方法があります。

バックアップをするための環境や条件

基本的には、自動でバックアップされるようになっているのですが、バックアップするには、下記の条件が必要です

iCloudにバックアップする場合はWi-Fiに接続している

PCにバックアップする場合はパソコンに接続している

これがないとバックアップされないので注意してください。

「Wi-Fiもパソコンも持ってない!」
という人は、コンビニや携帯ショップの無料で使えるWi-Fiが使用できるのでそれを利用するといいと思います。

では、続いて「iCloudを使ったバックアップ」と「パソコン上にバックアップ」どちらがいいのか、メリットデメリットを考えていきたいと思います。

5bd156fc0f4e676ff6934beaeca67492

なお、バックアップから復元する方法や、iPhoneを初期化する方法などは、別のページで解説します。

iCloudでのバックアップのメリット

15000

iCloudのメリットとしてはクラウド上のバックアップなのでWi-Fiに接続出来さえすれば、ほぼ全自動でバックアップすることが出来る点ですね。
アップルの最大の強みという感じですね。

また、初期設定で基本的にはバックアップする設定になっています。
ただし、iPhone内の設定からiCloudの設定をきちんとしておかないと、バックアップできてない可能性があるので設定を確認しておく必要があります。

iCloudのバックアップのデメリット

20140921-17343-42

デメリットとしては、

・Wi-Fi環境がないとバックアップできない点。
・パソコンにバックアップする場合と違い、アプリはバックアップされない点。
・無料でバックアップできる容量は、5GBと制限がある点。

ですかね。

パソコンへのバックアップのメリット

2

パソコン上にバックアップする時には、iTunesをしようしてバックアップをするようになります。

メリットとしては、iCloudのバックアップよりもより多くのデータをバックアップできる点です。

パソコンにバックアップしたファイルから復元すると、ほぼ100%、バックアップを取った状態に復元できます。

パソコンへのバックアップのデメリット

逆にデメリットとしては

・パソコンがないとバックアップが出来ない点。
・アプリもバックアップするので、容量が大きくなる点

ですね。

iOSのアップグレードや修理に出す前には、このパソコンへのバックアップを実行することをおすすめします。

iPhoneのおすすめのバックアップの方法は?

5bd156fc0f4e676ff6934beaeca67492

パソコンから転送した音楽や動画はパソコンにつなげれば基本的には同期されるので、おすすめのバックアップ方法としては基本はiCloudでバックアップしつつ、月1度ぐらいはパソコンにバックアップを手動でする方法ですね。

音楽や動画は、パソコンと繋いだときに自動的に同期されるため、パソコンへのバックアップだけ月1度、手動で行う以外はほぼ全自動で行なってくれるので、かなりの手間は省けるかなと思います。

ちなみに、私はiCloudの容量を200Gまであげ月額400円を購入していましたが、今ではパソコンだけです。
結構十分ですね。パソコンの容量が心配な方は外付けのHDDを購入して使用するのも十分使えますよ。
まあ、あくまでも保存ではなく万が一のバックアップですからね。
よく考えたほうがいいですね。

今回は以上になります。
このサイトのコメントは情報交換や交流の場になるとうれしいです。
iPhoneだけでなくApple製品の情報や使用している感想などどしどし書き込みしていただきたいと思います。これからも宜しくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です