iPhoneの壊れた時や液晶が割れた時はどうする?修理の対処法!

先日iPadを修理に出した時に液晶ガラスの修理法や修理費について調べている時にiPhoneの液晶が割れた時の記事を目にしました。私もiPhoneを使用しているので他人ごとではないと思いながら読んでました。

iPhoneを落下させてしまい壊れたり液晶が割れてしまったらとてもショックです。

今回は、もしiPhoneの液晶が割れてしまったり壊れてしまった場合に何をするべきかについてと対処方法についてご紹介します。

一日でも早くもと通りのiPhoneが手元に戻るよう願ってます。



Sponsored Link

iPhoneの液晶・壊れた時の対処方法!

PAK75_waretaekisyougamen20130720500

iPhoneを落下させてしまい液晶が割れたら修理に出すとしても破損が拡大したり指で触ってけがをしないように応急処置をすることをおすすめします。

・サランラップで本体をぐるぐると巻く
iphoneの液晶画面はガラスですので、破片が飛び散ることを防ぐためにサランラップで密封してしまいましょう。

・マスキングテープで固定する
破損が激しい場合はマスキングテープで画面を固定してあげるとズレも生じにくく安心です。

iphoneを割れたまま利用する方もいますが、さらに損傷が激しくなりガラスが崩れてしまったり、その破片が指に刺さったりしないように最低限の処置をしておきましょう。

私のiPhoneは、液晶保護フィルム(ガラス製ではない)を張って衝撃に強いケースに入れてます。保護フィルムを利用していても割れる時は割れますが可能性は低くなるようです。

アップルストアへ修理依頼をするメリット/デメリット

2-01_2

iPhoneを修理に出す場合iPhoneを生産し販売しているアップルストアに直接、修理依頼をするのが確実です。

メリット

アップルストアに設けられたGenius Bar(ジーニアスバー)に直接持ち込めばその場で対応してくれます。
ガラスが割れてしまった場合の修理時間は、2時間から3時間ですむので即日修理が可能であったりアップル専門店で知識が豊富なスタッフに修理依頼が可能なところが最大のメリットです。

アップルストアへ直接行くことが困難な場合は「配送修理サービス」が利用できます。配送にかかる費用はアップルが負担するため、送料などの出費は、かかりません。

デメリット

ただし、アップルストアが居住地域にある方にはうれしいサービスですが現在アップルストアがあるのは全国に(札幌、仙台、表参道、銀座、渋谷、名古屋、心斎橋、福岡)の8店舗なので直接アップルストアへ行くことができる人は限られてしまいます。

店が少ないので、アップルストアへ行くと、とても待たされ予約も可能ですが、人気のため、なかなか思うよう予約がとれないようです。

アップルストアは、店が少ない。郵送に時間がかかる。そして、修理価格が比較的高い、修理時にデータを消去しなければならないということもデメリットです。

非正規の修理専門店への修理依頼のメリット/デメリット

shop_image

アップルストアが近所になくても突然のiPhoneの故障にもすぐに対応してくれる非正規の修理店が、最近では多くなり私の居住地域にもいくつか修理店があります。正規店と非正規店の違いは、メーカー(Apple)から認められているかどうかが大きな違いです。

メリット

例えばアップルの公認ライセンスのもと事業を行っている「カメラのキタムラ」さんは、正規店です。正規店なのでアップルストアで修理することと同じです。

正規の店舗のほかを非正規店と言います。非正規店でのメリットは、どこにでもあって修理費が安く短時間で修理をしてくれるところが非正規店のメリットです。

デメリット

正規店での修理は、ほぼアップルストアのデメリットと同様です。こちらも、人気のため、待ち時間があるようです。

非正規業者ですが、最大のデメリットは、一度でも非正規業者で修理を行うと、その後一切のアップル正規保証サービスが受けられなく恐れがある、ということです。

自分で部品交換するメリット/デメリット

063

自分で修理する場合は、大手通信販売店やオークションなどからパーツを探し購入して自分で交換します。

メリット

1万円もしないでスクリーンやバッテリーが交換できるのでとても経済的です。

そして、早い!自分で修理をするので、他の人に預けることなく、修理完了後はすぐに使用可能です。

デメリット

パーツを誤って壊したり、無くしたりしてしまうことです。

内部にネジがたくさん使われているので修理後スクリーンを閉めた後にネジが余ってる…。のようなことも起こりえます。

購入するパーツは中国製が多いので、数週間使った後にスクリーンが反応しなくなった…ということはよくあるそうですのでパーツを買うにしてもちゃんとした場所で購入する必要があります。

自分で修理する場合は、安くて早くできるかもしれませんが、ある程度の知識や技術がないと難しく非正規店で修理したことと同じですからアップル正規保証サービス受けられなくなってしまいます。


今回は、iPhoneの液晶が割れた時の対処方法についてメリットとデメリットという形で紹介しました。
iPhoneではありませんが私が、実際にiPadを修理に出した経緯がこちらに書いてあるので参考にしてください

私も最初に安く済むならと非正規店での修理を考えましたが一度でも非正規店で修理をすると

アップル正規保証サービスが受けられないことを知り正規店の「カメラのキタムラ」さんへ問い合わせたら時間がかかると言われアップルの「配送修理サービス」で修理しました。

非正規店で修理して次に何かあっら次も非正規店にという考え方もアリなのかなとも思います。

考え方は、人それぞれですのでご自分に合った修理方法の参考にしてください。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です