iPhoneのヘルスケアアプリのiPhoneの使い方は?連携できるおすすめグッズも紹介

私は、特にスポーツジムに通ったりランニングやウォーキングをするという習慣がなく「ヘルスケア」アプリに関して全くの無知で利用してません。
今回は、「ヘルスケア」アプリとはどのうなものなのか?利用の仕方!おすすめ連携グッツ!を私も勉強しながら
ご紹介します。

Sponsored Link

iPhoneの標準機能「ヘルスケア」アプリで何ができるの?

ヘルスケアとは、iPhoneが記録した各種の健康データを表示できるアプリです
では、その「ヘルスケア」アプリで何が記録・表示できるのか?

「歩数」や「移動距離」のようにユーザーが何もしなくても自動で収集されるデータもあれば、「体温」や「カロリー」などのように能動的にデータポイントを追加して記録するデータや、アプリや対応機器と連携して表示できるデータ(「睡眠分析」や「心拍数」など)もあります。

「ヘルスケア」は、iPhone 5s、6/6s、6/6s Plusに内蔵されたモーションコプロセッサがユーザーの活動データを収集し、その日の「歩数」「上った階段の数」(iPhone 6以降)「ウォーキングとランニングの距離」を表示してくれるアプリです。iOS 8以降で利用できます。

歩数計を使って毎日の歩数を計測している方は、iPhoneを持って歩けば計測でき距離数まで表示してくれるから歩数計を持ち歩かなくて済みますね。毎日の日課で歩数を測定していなくてもハイキングに行った時だけ計測するのもいいですね。

iPhoneの「ヘルスケア」アプリの 使い方

「ヘルスケア」に活動データを表示する手順

  1. 【設定】の中から【プライバシー】を選択して【モーションとフィットネス】を開きます。
  2. 【フィットネス・トラッキング】と【ヘルスケア】をオンにして【設定】画面を閉じます。
  3. ホーム画面にある「ヘルスケア」アプリを選択してして開きます。

表示させたい活動データを選択する手順

  1. はじめは何も表示されてないのでメニューから画面下に表示されてる【ヘルスケアデータ】を選択して【フィットネス】を開きます【ウォーキング+ランニングの距離】を選択します。
  2. 【ダッシュボード】に表示をオンにすることでメニューから【ダッシュボード】を開くとiPhoneが自動的に計測していたデータがグラフで表示されます。

iPhoneの「ヘルスケア アプリで歩数を計測するには?

  1. ホーム画面から「ヘルスケ」アアプリを開きます。
  2. 画面下部の左から2番目にある【健康データ】を選択し次の画面で【フィットネス】を選択します。
  3. 【フィットネス】の画面に進み【歩数】を選択し【歩数】の画面が表示されたら、【ダッシュボードに表示】をオンに切り替えます。
  4. オンに切り替え後、画面下部の1番左にある【ダッシュボード】を選択するとダッシュボードに【歩数】画面が表示されます。

あとは、iPhoneを持ち歩いている間は、内蔵された加速度センサーやジャイロスコープ、GPSなどで測定されます。

最初に設定さえ済ませてしまえばiPhoneを持ち歩くだけ!シンプルで簡単ですね。

iPhoneに他のヘルスアプリを「ヘルスケア」と連携させる方法

iPhoneのヘルスケアアプリに他のヘルス系アプリを連携させることもできます。

  1. 「ヘルスケア」アプリを開き【ソース】を選択します。
  2. 使いたいヘルス系アプリを選択します。
    *使いたいヘルス系アプリが表示されない場合は、そのアプリを開いて共有設定などを行います。

ランニング、トレーニング、睡眠など、いくつもの連携可能アプリがあり、より分析の幅、使い勝手が広がります。

iPhoneの「ヘルスケア」アプリと 連携できるおすすめグッズ

iPhoneと連携と言えば!「Apple Watch」

iphone-health-care-002

「Apple Watch」と連携

Apple Watchを身に付けていることで、日々のアクティビティや心拍数、ワークアウトのデータが蓄積され、ヘルスケアに表示できます。

心拍数を表示させておけば、最高値や最低値がグラフ上で一目瞭然となるので、病気の早期発見などに役立つでしょう。このほか、自転車に乗っているなら、Apple Watchの「ワークアウト」と連動させて、自転車の走行距離を表示することも可能です。

【バイタル】から【心拍数】と進むとApple Watchで測定した心拍数を表示できます。

「自転車の走行距離」は【フィットネス】にあります。

「体重計(体組成計)」と連携

71d1li5o6wl__sl1500_

「WS-50 Smart Body Analyzer 」¥ 16,800

体重の他に体脂肪率やBMI(ボディマス指数)などを表示することが可能

ネットワーク対応の体組成計を利用すれば、よりスマート。体組成計に乗るだけで、体重をiPhoneへ転送できます。

*スマートフォンと連携できる体組成計/体重計は各社より発売されていますが、ヘルスケアと連動できるものとそうでないものがあるので、購入する時は注意が必要です。

「睡眠分析アプリ」と連携

unnamed

Sleep Cycle Alarm Clock 無料

目覚ましアプリの「Sleep Cycle Alarm Clock」はヘルスケアと連携して、毎日の睡眠時間を記録してグラフ表示できます。

ヘルスケアと連携するには設定詳細設定アップルヘルスケアを開いて、データのアクセスを許可しておきます。

睡眠時にiPhoneをベッドの近くに置いておくだけで「Sleep Cycle Alarm Clock」に記録された睡眠時間がヘルスケアに送信されます。

まずは、お試しに無料アプリをダウンロードして「ヘルスケア」アプリを使ってみるのもいいですね。


私は、ランニングやウォーキングは、していませんが、毎朝体重計に乗って「体重」「体脂肪率」などを測定し手入力で記録しています。「ヘルスケア」アプリと連携できる体重計を購入すれば、体重計に乗るだけで記録できてしまうのは、便利ですね。またウォーキングの習慣がなくても外出時の歩数や距離を測ってみるのも楽しそうと感じました。

今回は「ヘルスケア」アプリについてと連携方法についてご紹介しました。

私を含めまだ利用していない方はの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です