iPhoneやiPadにもブルーライトカット機能!iOS 9.3の新機能「Night Shift」とは?

iOS9.3にアップグレードした方が多いと思いますがその中に新機能としてありました「Night Shift」。

今回は、iOS 9.3の新機能「Night Shift」について解説していきたいとおもいます。

Night Shiftの機能とは?

IMG_6735

この新機能である「Night Shift」は、昼と夜で画面の色温度を自動的に変えてくれる機能です。

使ってみた方はなんとなくわかっていたと思いますが・・・

なんとこれはブルーライトを軽減してくれる目に優しい新機能なんです。

ブルーライトは人間を睡眠に導くためのホルモンである「メラトニン」の分泌への影響があるですよ。
ブルーライトは一度浴びるとなんとエスプレッソ2杯分のカフェイン量相当の状態になるんだとか!?

そうなると、寝る前に使用した時にねれない状態になってしまうみたいです。それを解消してくれる機能。素晴らしいですよね。

NightShiftの使い方とは?

「Night Shift」は、設定のアプリの画面表示と明るさをタップするとそこから有効化時間や色温度などを調整できます。

168

設定アプリの「画面表示と明るさ」から「Night Shift」を選択しましょう。
設定の中には以下の内容があります。

・時間を指定するとその間だけ自動で「Night Shift」を有効化する設定
・手動で明日まで有効化する設定
・色温度の設定

などが可能ですよ。

また、指定できる有効化時間は「日の入から日の出まで」とオン・オフの時間を細かく指定する「カスタムスケジュール」から選択できます。

211

結構便利ですよね。

コントロールセンターからオン・オフもできます。すぐ使用したい場合は下部中央のボタンをタップしましょう。

169

また「Night Shift」機能は低電力モードでは利用できません。

212

バッテリーがもたなくて低電力モードをオンにしている方多いですよね。オンになっていると有効化できないので注意が必要ですよ!

今回は以上になります。

是非新機能であるNightShiftを使いこなして睡眠や視力などへの影響などを減らしましょう。

何か気づいたことがありましたら是非コメントしていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です