iPhoneを持って海外に行く時の確認事項!

今回は、海外にiPhoneを持っていく時に気をつけなければいけないことや、これさえ守れば帰国後に高額パケット通信料の請求がこないように渡航前に設定する方法についてご紹介します。

Sponsored Link

iPhoneを海外に持ち込む前に国内であらかじめやっておく事!

1017nabe01_300x

日本では大変便利なiPhoneですが日本のiPhoneはSIMロックがかかっているためiPhone本来の全世界で通じるiPhoneの周波数が生かすことができません。

そのためもし日本と同じように通信するためには海外パケットし放題などにより日本時間12時を基準に1980円(動画などダウンロードしたら2980円)がかかります。

しかしwi-fiなどで通信すれば無料です。

以上を踏まえて後述する注意事項を参考にしてください。

  1. ほとんどの国で使えると思って結構ですがiPhoneが渡航国で使えるのか調べましょう。
  2. 海外では自動的にキャリアが設定されます。しかしそれが必ずしも一番通話料が安い事業者に接続されるとは限らないのでローミングするキャリアを事前に調べておきましょう。

例:softbankフランスでの事業者は通話料ではSFRという事業者が一番安いです。

要するに海外ダブル定額事業者、海外パケットし放題対象事業者につなげると言う事す。このことは大変重要です。渡航前メモに書いておいて到着したら必ずSMSの指示に従い対象事業者に繋げましょう

3.何もわからずにいろいろいじった記憶がある人は国内にいるうちにデータローミングがOFFであることを確認してください。

【設定】の中にある【モバイルデータ通信】を選択し【データローミング】をOFFにします。

海外では「データローミング」と言われるほどに大切な事なので必ず確認してオフにします。

普段はあるauやsoftbank、docomoの電波がないためにここをONにしない限りデータ通信は行われないのです。
普段出ているLTEアイコンや3Gアイコンは海外に行きますと消えます。

これを出すためにはデータローミングをONにしませんとでてきません。

ここデータローミングがOFFである限り、MMSもインターネットもできなくなるため高額な請求はなくなります。

データローミングさえいじらずOFFのままで海外での通信料金は0円です。

海外に行く予定がなくても「データローミングがOFFであることの確認」しておいた方がいいかもしれませんね。

【モバイルデータ通信】の下に【通信のオプション】という項目があるので選択すると【データローミング】がOFFになっているか確認できます。

iPhoneを海外(渡航先)に到着してから行う事!

wallpaper-1007540

渡航先に到着したらiPhoneの電源を入れるとiphoneは勝手に電話の電波を捕まえます。
これが国内で調べたキャリアであるか確認してください。ほとんどは海外ダブル定額、パケットし放題対象業者です。そしてSMSを数通受け取ります。(受信は無料)

この電波を捕まえる事と、SMSを受け取るためにiphoneは勝手に通信を行うがごとく勘違いされがちでありますが、これはiphone以外のスマホも一緒です。ただ電話ができる状態であるだけです。

SMSは電話回線を使用しているメッセージサービスです。
MMSやi messageは3G回線、もしくはwi-fi回線が必要です。
iPhoneを何の設定もしないで海外に到着し電源をONとした時の状況は、電話ができて(SMSもできる)データ通信はできない状態です。

データ通信ができないという証はLTE、3G、4Gの表示がないことです。
現地回線の名前が表示されていようとこの3G、LTEの表示がなければ通信はやろうと思ってもできません。

通信が必要な時はデータローミングがOFFです。という表示が出てきます。

このままデータローミングをいじらないで下さい。

通話もデータ通信も一切やらない場合は「機内モード」に
【設定】→【一般】→【機内モード】を選択して「ON」にします。

電話ができないため緊急時も日本との連絡は取れなくなります。

SMSでの送受信もできなくなります。

1・データローミングをOFFである事の確認
国内で一度確認していればもう確認する必要はありません。もういじらなくて大丈夫です。

2・現地時間帯に合わせる
現地時間に切り替わっていない場合はセットします。
【設定】→【一般】→【日付と時刻】から都市名を選択すると現地時間に変わります。

3・「wi-fi」をONにします。
「wi-fi」のあるところで「wi-fi」をONにすると無料のwi-fiにつなげてインターネットやメールが可能になります。

4・ 日本に電話をかける/同行者などの日本の携帯電話にかける場合
“+” -81-(先頭の0を除いた電話番号)+は「0」を長押しすると出て来ます。

5・旅行先の現地電話番号にかける
旅行先のホテル、レストラン、レンタカーなどに電話する場合はそのままかければ大丈夫です。

6・日本からの着信
そのまま受ければOKなのですが、海外では着信側にも料金がかかるので大切な電話以外は出ないようにしましょう。

7・必要な連絡はSMSがいいでしょう
海外からの送信は1通100円。しかし海外にいても受信は無料です。

このSMSは電話回線を使用しているためデータローミングがOFFでも送受信が可能です。

つまり電話をするよりも料金は抑えられます。

電波状態のアイコンがあれば送受信可能です。

たくさん注意事項・確認することがあるので渡航先でやるべきことは、メモに書いて持って行って一つ一つ確認することをおすすめします。SMSは電話回線を使用しているためデータローミングがOFFでも送受信が可能ということを私は、初めて知りました。

iPhoneを海外に持ち込んで帰国後にすること!

何もしなくて大丈夫です!

海外パケットし放題、海外ダブル定額対象事業者を調べて海外に到着したらそれにつながっていることの確認。
そしてデータローミングがOFFの確認して3Gアイコン、LTEアイコンがない事を確認します。

データローミングさえいじらなければwi-fiをONにしようと各契約キャリア(au、SoftBank、docomo)から請求されるパケット通信料は0円です。


いかがでしたか?今回はiPhoneを海外に持ち込む際の注意事項や確認事項を紹介しました。

海外に行くことが決まり不安でしたらご自身が契約しているキャリアに通信費・設定方法・海外パケットプラン(料金)について相談してみるのも良いかもしれませんね。

iPhoneを海外に持ち込んで楽しい旅行の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です