iPhoneのLEDライトがios10にしたら消せない緊急事態!ロック画面からカメラを起動する方法!

新機能が盛りだくさんでさらに使いやすくなった「ios10」がリリースされバージョンアップされた方は、たくさんいると思います。

私もその一人です。

今回は、新たに追加された新機能や「ios10」から変わったLEDライトの操作方法についてご紹介します。

Sponsored Link

iPhone ios10 明るさ調整が可能になった!

20160930161404

iPhoneのフラッシュは、写真撮影時以外に懐中電灯として使えてとても便利ですね。

3Dタッチが搭載されている、iPhone6S/PlusかiPhone7/PlusからLEDライトの明るさを「明るい」「普通」「暗い」の三段階に変更できるようになりました。

【設定方法】

1・iPhoneの画面を下から上へなぞるようにスワイプして「コントロールセンター」を表示させます。
コントロールセンターの左下に、LEDライトのボタンがあります

2・フラッシュライトのマークを選択するとLEDライトが点灯します

3・フラッシュライトのボタンを強く押し込むと「明るい」「普通」「暗い」と表示されるのでお好みの明るさを選択します。

iPhone ios10 LEDライト ios10はロック画面から消えないのはなぜ?

ios10-camera-flick-2

なぜ?iPhoneをロックしてもLEDライトが消えない理由は、わかりませんが、

「iOS 10」から「パスコード」入力画面の表示方法が変わり画面がついた後にホームボタンを押さないと「パスコード」入力画面が表示されません。

「Touch ID」機能を搭載したiPhoneですと「パスコード」を入力する必要性がないので問題ないですがそれ以前の端末ですと少々面倒です。

ios10のTouch IDがない端末では、フラッシュライトを消す手間が増えTouch ID機能がある端末では、今まで通り「コントロールセンター」からフラッシュライトを消すことは可能です。

iPhone ios10 LEDライトios10 消し方 方法 いくつある

20160930161243

LEDライトを消すいくつか方法があります。

【iPhoneでLEDライトを消す】
iPhoneの画面を下から上へなぞるようにスワイプして「コントロールセンター」を表示させ点灯中のLEDライトを消します。

【サードパーティー製アプリでLEDライトを消す】

「懐中電灯」AppStoreはこちら

LEDライトの点灯のほか、光量(ライトの強さ)を調節したり、ライトを点滅させることなども可能となっています。

「懐中電灯 ◎」AppStoreはこちら

iPhone用の最も明るい懐中電灯であり、押すだけで周りを瞬時に明るくします。

本物の懐中電灯の様にこのアプリでは簡単に照明をオンにできます。誰にでも分かりやすいインターフェイスになっており、ストロボの機能もあります。

「懐中電灯」と「懐中電灯 ◎」を実際にインストールして使ってみました。

アプリを起動するだけでLEDライトが点灯する面では、「懐中電灯 ◎」がつかいやすいかなと感じました。

「懐中電灯」は、アプリを起動しライトを点灯するアイコンをタッチし続けないと消えてしまうのが難点です。

私は、やはり「コントロールセンター」からの操作が慣れてるというのもあって一番使いやすいです。「懐中電灯」と「懐中電灯 ◎」のアプリは、無料なのでご自分の使いやすい方法を見つけてください。

iPhone ios10    LED ライト 消し方 ロック画面からカメラ起動する方法!

LEDライトを消す方法は、上記に記述したとおり「コントロールセンター」を下から引き上げてつけたり消したりすることができます。

ロック画面からカメラを起動するのに「iOS 9」までは、上へのスライドでカメラが起動したのに対し「iOS 10」からは、ホーム画面から右にフリックする方法と以前からあった「コントロールセンター」からカメラアイコンを選択するとカメラが起動するようになりました。


今回は、「ios10」から操作方法が変更になった「カメラアプリ」・「LEDライト」の起動の仕方についてご紹介しました。

私は、iPhone5sなので「Touch ID」機能があるのでロック解除に不便は、感じませんが、3Dタッチ機能は、ないので明るさの調整は、できません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です