i phone seが発表!気になるスペックや性能は?5Sと同じ大きさ!

AppleはiOS搭載スマートフォンの新モデルとして、4インチディスプレイを備えた「iPhone SE」を日本含む各国で3月31日に発売することが発表になりましたね。

そんなiPhone seのスペックや変更点を早速チェックしてみようと思います。

iPhoneのスペックや性能・大きさは?

iPhonese

iPhone6のようにディスプレイサイズの大型化が続いていたが、SEは5sと同じ4インチになりました。
また、重さや薄さなども5sと同じになります。
6の4.7インチ、6 Plusの5.5インチと比較すると一回り小さくなった感じですね。
「小さいほうがスマートフォンとして使いやすい」と乗り換えを迷っていたユーザーにはかなりうれしいことでしょうね。
特にスペックの変更点というよりはiPhone6と同じ形で、内蔵チップはiPhone 6s/6s Plusと同じ「A9」を採用されています。
5sの「A7」と比べると、CPU周波数は1.3GHzから1.85GHzに向上されていますので。5sに比べ、CPUは2倍、GPUは3倍のパフォーマンスにパワーアップしてます。
ストレージ容量は、5sと同じく16Gバイトと64Gバイトの2モデルになります。
6s/6s Plusで用意している128Gバイトモデルはラインアップしていないです。
おそらく、この大きさにしてしまうと容量の大きさに限界があるのではないか?と思われますね。

またCPUだけでなくiPhone6を引き継がれたスペックとして

・12MPのiSightカメラを搭載
・常時オンの”Siri”
・4K動画撮影機能
・240fpsスロー動画撮影
・Apple Pay

など各種機能も iPhone 6s と同等になりました。

一方、ディスプレイに関しては1136x640 解像度で、3D Touch には非対応ですね。

iPhone seの背面カメラの性能はかなり良質

iPhone se カメラ

背面カメラは1200万画素になります。

6s/6s Plusは1200万画素で5sは800万画素になります。

ちなみにFaceTimeカメラ(インカメラ)は120万画素。

6s/6s Plusは500万画素で、5sは120万画素です。

インカメラの性能が上がっていなくて少し残念ですね。

ただ、撮影した写真の前後数秒もとらえて“動く写真”を残せる「Live Photos」機能や、高精細な4K動画(3840×2160ピクセル)撮影機能も6s/6s Plusと同じく搭載されています。

iPhone seの発売色は?

iPhonese カラー

iPhone se はiPhone 5s ほぼそのままの筐体になりましたが、色についてはiPhone 5sにはなかったゴールドと6sから加わった新色「ローズゴールド」モデルが登場しました。

よってシルバー、スペースグレイ、ゴールドと合わせ、カラーバリエーションはiPhoneseの発売色は4色になります。

価格や予約開始日は?

iphonese-1400-2

ストレージ容量別に16Gバイト、64Gバイトの2モデルをラインナップ。

SIMロックフリーモデルの価格は5万2800円(税別)からになります。

予約は24日に始めるそうですよ。

過去モデルとの価格比較は次の通りになります。(いずれもSIMロックフリーモデル、税別)

iPhone se価格

iPhone seの良いところとしたらこの価格でしょう。iPhone6sに比べて二分の一の値段で手に入ります。

価格は16GBが5万2800円、64GBが6万4800円。

やっぱり小さいほうがいい、とiPhone 5s をしぶとく使い続けてきた人にとっては待ちに待った新製品です。

タブレットPCを携帯していてスマートフォンに大画面を求めていない私にとっては、4インチディスプレーを搭載した『iPhone SE』は携帯電話として使い倒せる待ちに待ったモデルですね。

3月24日の予約開始を待ちたいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です