水没してしまったときのNG行動やiPhone/iPadを復活させる方法!米で復活!?

iPhoneにつきものの事故には、落下させてしまった時に液晶画面を割ってしまったり、水に落としてしまって水没事故がありますね。
iPhone7から防水機能がつきましたが今回は、7以前のiPhoneを水没させてしまった場合の対処方法やしてはいけないNG行動などについてご紹介します。おそらくiPadも使えますので是非お試しを!!

Sponsored Link

iPhoneを水没した時にやってはいけないこと!NG行動って?

20161104222843

iPhoneを水に落としてしまったりコップの水が倒れてiPhoneがぬれてしまったら、当然慌てますよね?

後述する水没した時の対処法をする前にiPhoneをぬらしてしまった時にやってはいけないNG行動について把握しておく必要があります。

まずは「むやみに触らないこと」!が重要です。そして以下のNG行動をしないことです。

1・本体を振る
中に水が入っていることがわかると、ついつい振って出そうとしてしまいます。
しかし、内部に入った水が移動して隅々まで行きわたってしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

場合によっては、ショートして症状を悪化させる可能性があります。

2・ドライヤーやヒーターなどで乾かす
水で濡れたものは、熱で乾かそうとしてしまうことがあります。

しかし、iPhoneは構造上非常に熱に弱いため、絶対にドライヤーやヒーターなどで乾かすことはしないでください。

ドライヤーの熱によって水で濡れた金属部分が腐食し、症状を悪化させてしまう可能性があります。

3・充電する
iPhoneが水没すると、
電源がいきなり落ちたというような症状が起きることがあります。

そこで、ついついしてしまいがちなのが充電です。

しかし、この充電は絶対にNGです!
また、充電だけでなく、LightingケーブルでPCに接続したりするのもNG。

充電がNGなのは、先ほどのドライヤーと似ている理由です。

充電することにより、濡れている内部にショートが起きる可能性があるためです。

この内部で起きるショートは、冗談抜きで復旧できなくなる場合があるので、必ず注意しておきましょう!

【電源が落ちている場合は】
再起動や充電をしないでPCにも接続はせずにそのまま

【電源がついている場合は】
電源ボタンを長押し、電源をOFF

4・水没したまま放置する
むやみに触らないからといって、水没したままずっと放置もNGです。
ドライヤーや、充電をしなくても、内部の金属パーツが濡れていると自然と腐食してしまいます。

iPhoneを水没させてしまった時に一番最初にする対処方法!

水没してしまったらすぐに水からと取り出してください。
水から取り出したら次の5つの項目を確認して対処してください

  1. 電源ボタンを長押しして、電源バーをスライドさせ電源をオフにします。
  2. イヤホンやケーブルを外します。
  3. iPhoneのケースは水を溜めてしまう為、ケースからすぐに取り外します。画面の保護シールは水が入り込んでいない限り放置でOKです。
  4. 身近にある布などで表面の水をふき取る。特に注意して拭くがドック部分やボリュームボタン、ホームボタンなど。着ているシャツなどで拭くのが良いと思います。
  5. イヤホンジャックの水分を綿棒などで吸い取る。綿棒がない場合は薄い服などをシャープペンで押し込んでも大丈夫です。

これらの手順を踏むと踏まないでは、iPhoneの復活率に大きな違いができます。

もはや電源ボタンが聞かない場合は、そのままで大丈夫です。

ケーブルを差し込んだりしないようにしないでください。

NG行動を覚えて次に対処法を知っておくと万が一の時に役に立つので頭のすみにでも覚えておくと良いかもしれませんね。

ここで裏技!米でiPhoneを治す?方法について!

wetiphone-2

【米を使って水没したiPhoneを直します。用意するのは】

•ジップロックなどの気密性を保てる入れ物
•生米(出来る限り乾燥したものの方が良い)
【やり方について】
ジップロックに生米をパンパンにいれその中に水没してしまったiPhoneを入れてジップロックの袋を閉じます。

ジップロックにいれたらそのまま丸1日放置しておきます。
途中結果とかは気にしなくて大丈夫なので、途中で中途半端に中身を確認したりしないでください!

【取り出します】
丸1日が経過したら、ジップロックからiphoneを取り出してください。

その時、なんとなく水がまだありそうだったり水がたれてきたりしたらまた米に戻し1日放置してください。

水がでてきそうな心配もなかったら、電源をオンにしてください。電源がついたらiPhoneを完全に直っていると言う証拠です。

iPhone内にある水分が全てお米に吸収されるといった原理で治す方法のようです。

何もしないよりは、試す価値大ですね。

iPhoneを水没させてしまった後の保証は?センサーをチェック!

iPhoneは水没した際にAppleからの保障を受けられなくなります。

それを確かめる方法は各部分に設置されているセンサーを確認すればわかります。
センサーは液体に触れると赤色になるもので、赤くなっているともうメーカーからの保障は受けることが出来くなると思います。もし赤くなってしまっていたら、残念ですがアップルの保証はもう受けることはできません。

各端末の「液体浸入インジケータの位置」は、Apple公式ページを参考に確認できます。

iPhoneを水没させてしまい治らなかった場合の方法!

手順通りやったのにどうしてもiPhoneが直らない場合は、とても残念ですが……。
水没による故障は、保障対象ではないので修理には出せないので修理ができないスマホでも買い取ってくれる業者に売るか、別業者(Apple公式以外)に修理依頼に出すことです。


今回は、iPhoneを水没させてしまった時の対処法についてご紹介しました。

もし水没させてしまったら、慌てづ落ち着いてぬれたiPhoneを取り出して電源を切って乾かすことが大切なんですね。

壊れてしまうことも考えて日ごろバックアップをとっておくこともおすすめします。

もし水没させてしまった時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です