iPhon6sの3DTouch(タッチ)が長押ししても起動しない原因や対処方法は?

私の場合ですが、大きい画面で見たい時には、iPadで見るようにしてるので手のおさまり具合がちょうど良い4インチンのiPhone5sをいまだに使ってます。
大きい液晶サイズだからこそiPhone6sには、3DTouch(タッチ)機能があるのかな?と今回調べて感じました。

アップル公式サイトに3DTouch(タッチ)機能についての紹介ムービーがこちらあります。

今回は、iPhon6sの3DTouch(タッチ)機能についてご紹介します。

私のiPhoneにはない機能ですが、もしかしたらいつかiPadAirにその機能が追加されたら購入して使いこなしてみたいです。

Sponsored Link

iPhon6sの3DTouch(タッチ)の設定や確認の方法!

9bd0782e835adca8b871c1486a22e1dc

3DTouchを機能させようとしても作動しない理由は設定がOFFになっている場合があるので設定の確認をします。

1・iPhoneの「設定」アプリの中の「一般」を選択します
2・「アクセシリビティ」を選択します
3・「3D Touch」を選択して設定がONになっているか確認してOFFになっていたらONに設定します

iPhon6sの3DTouch(タッチ)のやり方や使い方!

iPhone-3DTouch-How-13

3D Touch(タッチ)機能は、今まであったタップ・スワイプ・ピンチといった操作のほかに画面を軽く押し込む「Peek」とさらに強く押し込む「Pop」という新しい操作方法です。

「Peek」と「Pop」を使うと、さまざまなコンテンツを、実際に開くことなくプレビュー表示できます。そしてさらにそこから操作できます。

プレビューするのは「Peek」です。例えば受信ボックスにあるメールを軽く押し込むと、メールを開かずにプレビューを見られます。そのまま深く押し込むと「Pop」となり、メールが開かれます。

アプリを起動せずに素早くアプリのメニューを開いて操作ができる「クイックアクション」という表示方法があります。

ホーム画面のデフォルトの幾つかのアプリは、軽くアイコンを押すとクイックアクションメニューが表示されます。

「Peek」や「Pop」という新しい操作方法に「クイックアクション」という表示機能があります。とても便利な機能ですね。

iPhon6sの3DTouch(タッチ)で起動する・起動しないアプリの違い!

無題

3DTouchに対応しているアプリについて現時点で(2016/8/30)私が調べたところiPhoneにもともと入っているメッセージ/カレンダー/カメラ/メール/時計/写真/電話/Safariなどのアプリなら対応してます。下記のようにアプリによって表示される項目が違います。

各アプリの3DTouch(タッチ)画面

・メッセージ「新規メッセージ」

・カレンダー「イベントを追加」

・電話「新規連絡先を作成」のほかによく使う項目の上から3番目まで表示されます

・マップ「自宅への経路」「現在地をマーク」「自分の現在地を送信」「周辺検索」

・メール「受信」「VIP」「検索」「新規メッセージ」

・カメラ「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「写真を撮る」

・写真「最新」「お気に入り」「検索」

・Safari「リーディングリストを表示」「ブックマークを表示」「新規プライベートタブ」「新規タブ」

「Evernote」「Dropbox」Instagram」「LINE」「Skype」「Twitter」「Facebook」など、対応アプリは続々登場しているようです。

アプリが対応しているかどうかは、実際に押して試してみるのが良さそうです。


今回は、3DTouch(タッチ)機能について紹介しました。
私のiPhone(5s)にはないとても便利な機能でうらやましいです。
6sを持っているなら、3DTouch(タッチ)機能を使わないのは、もったいないのでぜひ使いこなしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です