iPhone7のデザインや機能は?いつ発売される?最新情報や画像・動画あり

今回はiPhone7。iPhoneユーザーの人はやはり気になりますよね。
今度はいったいどんなんだろうと思うのはのは僕だけではないはず!
色々と調べてみました・・・だけどまだまだ、未知なiPhone7。
最新情報があればコメント欄から教えていただければありがたいです。追記していきますね。しっかりとした情報を書いて伝えていきたいと思います。

iPhone7のデザインやサイズ

iPhone7


動画では極薄になっていますね。

iPhone7はiPhone6をベースにした2種のデザインで、左右のベゼルをなくしたモデルと、前面をすべてディスプレイにしたモデルの2タイプです。
って普通にサラッと言ってしまいましたが画期的なデザインです。

3種類

上記画像の中間にありますiPhone6は、従来モデルよりも画面周囲のベゼルが狭くなっていますが、さらに進めて左右のベゼルを完全に消してしまったのがiPhone7「Narrow edges display」モデル(画像左)です。
ベゼルってなんだ?って言う方もいると思います。

ベゼルとは、ディスプレイを囲む「縁」を指します。最近では、この部分が占める面積を極力減らしたスマートフォンが登場し始めています。

さらにさらに、上記のベゼルがない上に、iPhoneのデザイン上最大の特徴であるホームボタンと受話部分を除いて、前面をすべてディスプレイにする思い切ったデザインが「Full Screen display」モデル(画像右)です。

超かっこいいです。

受話部より上の部分は電波強度や電池残量表示部として使っています。

iPhone7ディスプレイ上

ホームボタンの両脇には、コントロールセンターの一部機能を表示可能になっています。あの下に隠れているのをわざわざスライドさせる必要がなくなるかもしれませんね。

iPhone7ディスプレイ

ここまでやってしまったのか?って感じです。

iPhone7fullscreenmodel

iPhone7の新機能は?

iPhone7fullscreen中身

iPhone7のスペックについて判明していることをまとめます。

iPhone7/iPhone7 Plus
容量 32GB・64GB・128GB
重量 110g/160g
ディスプレイ  4.7インチ/5.5インチ
チップ A10チップ・M10モーションコプロセッサ
バッテリー 連続待機時間最大16日間/最大24日間
0S iOS10を搭載

まず、iPhone7のバッテリーの持ち時間(充電)の長さ向上されています。
正直今のスペックでも十分に満足していますが、一番気なるのはやはりバッテリーの持ち時間っていうひとは多いはず。
充電があまり持たないと嫌ですしね。まあ、iPhoneユーザーの方はもともと充電がなくなったとかそんなに苦にしていないと思いますが、そのバッテリー駆動時間がiPhone6の時よりもおおよそ1.5倍!

1日でバッテリーが切れていた人は次の日の昼まで持っていても大丈夫ということなので泊まりに行っても充電器持っていく必要が減りますよ。

また、iphone6sはチップをA9というものを使っていますがiphone7ではA10を使うのではないかと言われています。

この情報はまだ確定ではありませんので訂正されるかもしれません。
簡単にいうと情報処理能力が上がるので更に重たいアプリでもサクサク動くということですが
今までの流れから言うとかなり信用性の高い情報です。

今のiPhone6sは新しいデュアルコアで処理が早いですが、iPhone7は爆速で別次元のものということになります。

本当にどうなっていくんですかね?ワクワクしますよね

下記の項目はあくまで噂のものですが上げてみました。

・防水仕様
・「iPhone7 Plus」は3GB
・Apple Pencilが使用可能
・薄型化のためヘッドフォン端子廃止
・Touch IDを内蔵したディスプレイ
・ワイヤレス充電
・マルチ感圧タッチ
・デュアルカメラ

噂段階ですがiPhone7で特に注目新機能としては、

・デュアルレンズ搭載
・ヘッドホン端子の廃止
・防水使用
・ワイヤレス充電

順を追って解説していきます。

iPhone7にこそデュアルレンズ?

iPhoneデュアルレンズ

ニュースサイトEMSOneの情報ですが、スマートフォン向けレンズの大手である台湾サプライヤーのLarganは、投資家への説明会で、アップルがiPhone7に同社のデュアルレンズが搭載される可能性を示唆したそうです。これは、CEOである林恩平氏が明らかにした情報だそうです。

iPhone7デュアルレンズカメラ

iPhone7にこそデュアルレンズが搭載されるという噂は、iPhone6s発売前からなされており、アップルが同レンズを搭載した試作機を準備していたことが発覚するなど、実際に発売されるモデルにも搭載される公算が高まっていますね。

ただ、この情報はまだ確定なわけではないので分かり次第追記します。

デュアルレンズカメラになるとどいったことになるかというと、デジタル一眼レフカメラ並みになります。

また、2〜3倍の光学ズームが特徴になる可能性があると予測しているとのことです。

なお、デュアルレンズカメラ搭載のiPhoneがどのようなデザインになるのかは不明ですが、ドイツのテクノロジー系メディアCOMPUTER BILDが作成したiPhone 7の予想デザインのムービーを見ると、少し想像がつくかもしれません。

iPhone7の噂のイヤホンジャック廃止と防水機能、ワイヤレス充電は?

iPhone7ワイヤレスッ充電

iPhone7は薄型化されるという情報が多く出てきていますが、3.5mmイヤホンジャックが廃止されて、さらに防水仕様が実現しワイヤレス充電にの対応するかもしれないとFast Companyが伝えていました。

Appleはすでに「Air Pods」というBluetoothに対応していると思われるワイヤレスイヤホンの商標登録を行っているそうなので、これが何よりもの根拠になるかもしれません。

現段階では、まだ未確定の情報なのでこれも、分かり次第追記します。

防水にも対応すると伝えられていますが、Lightningポートの防水処理をどのように施すのかがポイントだと思います。やはりそこがダメになってしまう可能性がありますしね。

iPhone7防水

ただ、ワイヤレス充電にする技術はもう、AppleWatchで実現されていますので可能性としてはありますね。

現在わかっている情報を整理しますね。

・3.5mmイヤホンジャックはiPhoneをさらに薄くするために廃止されるにではないか?

・AppleWatchで実現されているワイヤレス充電が搭載されれば防水機能もついてくる?

iPhone7の発売日の予想は?

iPhone71

まだ発表されていませんが、iPhone7の発売日は2016年の9月16日(金)か9月23日(金)、予約開始日は9月9日(金)と予想しています。
これも分かり次第正しい情報を追記していきます。

今回は以上になります。

このサイトのコメントは情報交換や交流の場になるとうれしいです。
iPhoneだけでなくApple製品の情報や使用している感想などどしどし書き込みしていただきたいと思います。これからも宜しくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です