iPhone7の発熱が危険?どれくらい発熱するのか調べてみた 対処法は?

某Androidのスマホで発火問題が実際に起こりましたね。充電していたら燃えていたなんて誰も経験したくないです。
発火するほどではなくともiPhone7でも「発熱」を心配する声がネット上で話題になってます。

今回は、iPhone7/iPhone7Plusがどうして発熱するのか?発熱しないようにする対処法についてご紹介します。

Sponsored Link

iPhone7の発熱を不安 大丈夫?

d30d0_1400_d092ef1cafc00e7f7a71fd7dd1da2490

ネット上には以下のような書き込みが多数よせられてます。

「iPhone7に替えたらめっちゃ本体熱い~」
「バッテリー減るのはやいなー。充電してると熱いし、なんとかして欲しいなー。」
「iPhone7充電してるけど半端なく熱いぞ…」

一部のiPhone7ユーザーで「ファンを回しているような音」がしたり「すぐに発熱する」との声が上がっているようです。

この書き込みを読んでるとiPhone7、大丈夫?と正直不安ですよね。

iPhone7がユーザーに出回れば、iPhone7が雑音や発熱問題を抱えているのか分かるかと思います。

この発熱・雑音問題は、早い段階でiPhone7を手にしたユーザーが、発言した内容でiPhone7を遅れて手にしたユーザーからは、そのような声があがってないところを見るとその後は、問題なく利用しているユーザーが多いと考えられます。

詳しくは後述しますが、発熱する原因を知り対処法さえ守れば問題なく使用できるのではないのでしょうか?

iPhone7が発熱する原因は「防水のため」? 他は?

防水機能をつけた事により熱くなりやすくなってるのでは?と言われています。
これは2、3年前にアップル自身がなぜiPhone7を防水にしないのかと聞かれてた時に、防水機能をつけたら発熱しやすくなる可能性があると答えていたそうです。

その他の発熱の原因は、いくつかあります。
CPUの稼働による「内部」からの発熱
パソコンと同じように「CPU」がフル回転すると、その分だけ発熱します
例えばアプリの連続利用、長時間ゲームをすると結構熱くなってきますね

・充電によるバッテリーの原因
充電器につなぐと多少発熱しますが、これはiPhoneに限らないことだと個人的に思います。

・外部的な要因は気温や直射日光
夏の暑い車や、直射日光下の屋外のプールや海で使用して暑くなるのは至極当然のことです。

iPhone7の発熱はどのくらいなのか いつ発熱する?

発熱がどれくらいなのかについては、持っていられないとまで熱くなるレベルではないそうです。次に発熱が発生するタイミングとしては、充電しながらiPhone7を操作した時や長い間ゲームをし続けた時に加え上記に記載した発熱する原因のような状況の場合のようです。

iPhone7の発熱を回避・熱を冷ます方法 対処方法は?

take-case-off

【iPhone7が熱いと感じた時の対処法!】
・涼しい場所に置く
・ケースを外す
・バックグラウンドでのアプリを閉じる
・使用を控える

【iPhone7の発熱を抑える対処法】
・充電しながら操作をしない
・ゲームをする時は休憩を入れたり充電しながらゲームをやらない

熱いと感じた時の対処法と反しますがケースを使うことで発熱の感度を回避することも可能だそうです。


今回は、iPhone7の発熱の原因や対処法についてご紹介しました。
きちんと発熱する原因を知り対処すれば問題なさそうですね。

私のiPhoneは7ではありませんがiPadなどをついつい充電しながら使ってしまっていたことがあり端末が暖かいと感じたことがあったので今現在は、充電中の端末は、触らないように特にゲームアプリをしないようにしています。

充電しながらの使用は、バッテリーの劣化を早める・傷める原因ですので一番避けるべきことかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です