iPhoneで使える格安SIMとは?デメリットとおすすめと選び方 2017年度版

今回は、私も実際に使っている格安SIMとはなにかについてとメリットやデメッリットについて、ご紹介します。

これから格安SIMへ乗り換えを検討の際の参考にしてください。

Sponsored Link

iPhoneで利用できる 格安SIM とは何?

top_588x

格安SIM とは何かについての前に「SIM 」とは、何かについて説明しますね。

SIMカード(シムカード、Subscriber Identity Module Card)とは、携帯電話などに挿入して使う小型のICカードのことです。名称のとおり、回線契約のSubscriber(契約者)をIdentity(識別)するために必要となります。普通に携帯電話を使っているとSIMカードを目にする機会はあまりないかもしれません。

最近のスマホに使われているSIMカードの種類は、大きい方から標準SIM、MicroSIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)の3種類です。

iPhoneのSIMカードは、一番小さいnanoSIM(ナノSIM)です。

次に「格安SIM 」とは何かについて説明しますね。

格安SIMカードとは、MVNO(仮想移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる事業者が大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことです。

MVNOは、大手通信キャリアから回線をまとめて借り受け、それを小口に分けて格安SIMユーザーに提供しています。つまり、MVNOのV(Virtual、仮想)は、自社で無線基地局などの通信設備を持たずに大手通信キャリアから回線を借りていることを意味しているのです。

大型電気店に行くと大手携帯キャリアと並んで格安SIMが並んでいるところを目にしたことがあるはずです。

この格安SIMを一定の「条件」を満たしたスマホやタブレットに挿入してちょっとした設定をおこなえば、ドコモもしくはKDDIの通信回線を通じてデータ通信などが可能となります。

iPhoneで利用できる 格安SIM のメリット

  • メリットを一言で言うなら大手携帯キャリアに比べ「安い!」が最大のメリットですね。
  • その他にも自分に合ったプランの選択肢が多いこと
  • 二年縛りがない

(MNP)モバイル・ナンバー・ポータビリティ(MNP)も利用できるので、それまでの電話番号を維持することもできます。

例えば、使っても月に3GBしか使ってないのに「パケットし放題プラン」などで月々の支払額が5000円以上という方が多いと思います。格安SIMは、音声通話サービスの有無やデータ通信量に関する選択肢が豊富に用意されており自分のライフスタイルにあったプランを選ぶことが可能です。

iPhoneで利用できる 格安SIM のデメリット

•音声通話に対応していないものが多い
•利用できないキャリア関連サービスが多い(キャリアメール・キャリア決済・年齢認証ほか)
•クレジットカードが必要な場合が多い
•キャリアによる端末価格の割引を受けられない
•テザリングを利用できないケースあり
•データ通信の制限が厳しい
•通信速度が遅くなる可能性あり

キャリアメールが使えなくなったとしてもプッシュ通知してくれるiPhoneには、プッシュ通知をしてくれる「iCloudメール」がるのでキャリアメールにこだわりがなければ問題ないと考え私は、深く考えずに格安SIMに乗り換えました。

通信速度に関しても遅いと感じたことは、私は、ありませんがそれは、ひとそれぞれの感じ方で違うのかもしれません。

キャリアによる端末価格の割引きを受けられませんが、月々に多く支払っていたパケット代金の差額を端末代金と考えて端末を一括購入してしまえば、毎月通信費だけで済みます。

iPhoneで利用できる格安SIMの選び方!おすすめ3選2017年版

mvno

IIJmio(1.格安SIM初心者向き)

格安SIMの大手ということもあり、大手電気店やスーパーなどの取り扱いもあります。近くに取扱いの店舗があれば、店員さんや窓口で相談できるので初心者にうってつけです。また、技術力が高いことでも有名で、別の格安SIM業者へノウハウや技術提供するMVNEとしても定評があります。

2・楽天モバイル(通話も充実したい人)

格安SIMは大手キャリアと比較すると通話料金が高いというデメリットがあります。そんな通話料金の高い格安SIMでも、『5分かけ放題』という通話オプションを持っているのが楽天モバイルです。

3・ DMM モバイル(さらに安くしたい人やデータ専用でOKな人)

格安SIMは大手キャリアと比べると5,000円以上は安くできます。そんな格安SIMの中でも、さらに安い料金設定なのがDMM モバイルです。
さらにDMM モバイルはデータ容量ごとのプラン数も豊富で、0GB~20GBまで細かく揃っています。データ専用SIM、通話SIM問わずに、自分の使い方に応じてプランを選択できるのも魅力です。ライトユーザーからヘビーユーザーまで割安料金でスマホが使えますので、「お店のサポートはいらないよ」という人にはDMM モバイルがおすすめです。

上記の他にも「格安SIM」で検索するとたくさん業者が表示されるのでご自身にあった通信会社を探してくださいね。

iPhoneの 格安SIM LINEとは?

linemobile1

今では、知らない人の方が少なく利用してる方も多い無料通話アプリ「LINE」が運営する格安SIMを取り扱った「LINEモバイル」

2016年3月、MVNO市場への参入を発表した「LINE」は、2016年9月21日、いよいよ正式サービスを開始しました。

詳しくは、LINEモバイル公式サイトを見てください。


いかがでしたでしょうか?今回は、「格安SIM 」についてご紹介しました。

私は、ドコモ系iPhoneを中古で一括購入しておすすめ3選に載せてないOCNモバイルONEに乗り換えて1年以上経ちます。月々の通信料が安く速度も安定しており不満なくiPhoneを使用でき満足しています。
次にiPhoneを購入する時は、アップルストアからSIMフリー端末を購入しこのまま「格安SIM」を利用する予定です。

最後に「格安SIM」に乗りかえる際の注意点があります。

契約する前にその「格安SIM 」が今もしくはこれから購入するiPhoneに対応しているかについて事前に調べることを
おすすめします。また対応OSについても同様です。

これから「格安SIM」に乗り換えする際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です