2016年6月最新情報WWDCで発表!Thunderbolt3USB-C付き

新しいMacBook AirとMacBook Proの最新の情報が出てきました。

macbook_airs_2015-800x263

新しいMacBOOK AIRとMac BoocPROのモデルはTHUNDERBOLT3UBC-Cポートを搭載する模様です。

もともとの情報によると2016年MacBook Proとairのモデルは、TOUCHID、新型OLEDタッチバーがキーボードに搭載されるとなっていましたがこれは確かな情報です。

以下、翻訳になります。楽しみですね。

APPLEは新しいMac BOOKAIRの発表を6月に行い、NOTEEBOOKのリテーラーへのSHIPPINGを8月に行います。日本のMacお宝サイトのレポートではAPPLEは今月内にMacはすべて新しくされるとのことですが、発売がいつかはまだわからないとの見解です。

レポートは信用できる中国の購入者と引用→噂によるとAPPLEは小さな11インチのMacBOOKは連続販売せず、13インチを新発売、新型13インチ、新型15インチに集中、確かではないですがお宝の発表では、すべての新しいMacBOOK AIRとMac BoocPROのモデルはTHUNDERBOLT3UBC-Cポートを搭載します。

USB-AとMagSafe2,とTHUNDERBOLTS2ポートは現状のモデルに搭載ですが搭載は外されます。Macお宝によるとWWDC2016のMacBOOKAIRとMacBOOKPROの発表はプランは明解でないが、しかし複数の信用できるソースによるとNOHARDWAREイベントにて発表されます。APPLEはNON-WWDCプレスリリースアナウンスメントが6月に行われるとのことです。NEW12インチMacBOOKが4月にマイナーアップデートで発表です。
今日のレポートは主に台湾のHIT-OR-MISSエコノミーニュースによります、APPLEはより薄い13インチと15インチの新デザインのWWDC2016コンポーネンツ内蔵MacBOOKAIRMODELで6月から9月に発売です。2015年11月のレポートで、APPLEの製品のロードマップが過去8か月で明らかに示されています。
台湾のウエブサイトDIGITIMESによりますと、APPLEはとても薄い13インチ、15インチのMacBOOKを6月末にSHIPPINGです。レポートによればMacBOOKは現状の12インチMacBOOKとシェアーしており現状のMacBOOKAIRより薄いです。Macbook,Macbookair、MacBOOKPROとの関連性の推論は難しいです。

KGIアナリストMING-CHI KUOの最新の推論によれば、APPLEは新しいMacBOOKは2016年後半まで発表されないだろう。そして2つの薄く、軽い13インチ、15インチのMacbookモデルは9月から12月発表です。他の信用できる情報も同じく、今年末の発表との見解です。NEWMacPROはMrKUOによると2016年モデルは薄く軽い要素は省かれ、TOUCHID、新型OLEDタッチバーがキーボードの上にあり、LEAKEDPHOTOSがOLEDタッチパネルとFOURUSBCポートのスペースが明らかになりました。NEW MAcBOOKPROはMETALINJECTION MOLD-MADEヒンジを備えていてすでにSHIPPINGをされています。

他のIMPROVEMENTは2016年MAcBOOKPROはFASTERSKYLINEPROCESSORS内蔵、TOP LINEモデルではAMDNEW400-シリーズPOLARISGRAPHICSCHIPS付きです。最新13インチMAcBOOKPRO2015年3月では、15インチモデルが2015年3月に出てきます、FORCETOUCHTRACKPADS,FASTERFLASHSTORAGE、LONGERBATTERYLIFEとIMPROVEDGRAPHICS付です。APPLEは2015年からMAcBOOKAIRを2015年3月から全面リフレッシュしておらず、11インチ 、13インチモデルともにFASTERBROADWELLPROCESSORS、THUNDARBOLT2,INTELHDGRAPHICS60000内蔵、13インチMAcBOOKAIRは2倍速のFLASHSTORAGE内蔵、APPLEの13インチMacbookAIR8GB RAMから4GBまでの在庫のぶつかりの4月以来のマイナーLINEUPアップデートです。APPLEは11インチMACBOOKAIR8GBOFRAMをUPDATEしていません、ウルトラポータブルなモデルがでるとのうわさもありますが。広く信じられているのが、Mac BOOKエアーの続行販売なしで、RETINAMacbookPROとMACBOOKPROの間でぎこちなくすすみ、KGIセキュリティーアナリストMINGCHIKUOはNOTEBOOKはAPPLEの新しいLINEUPに残りますと表明。安値での再配置です。我々が期待するのは新しいMAcBOOKプロもでるは薄くて軽くさらに良いハードウエアーを持ちます。ラインの最高のモデルに位置します。MacBookはMacBookAirに代わり中間の最高モデルに位置します。MacBOOKPROとMacBOOKは軽く、うすくなり、MacBOOKAIRを持つ意味がありません。この理由から予測されるのはMacBOOKがより進化することです。すべてのモデルの低価格販売もされることでしょう。

コメント

ユーザーの要望、マーケティング調査で判断したAPPLEの高品質、低価格製品の売れ行きが良くAPPLEの勝ち組企業を生みだしています。新聞でも報じられるように日本でも大手商社がITによる在宅勤務が可能な人は在宅勤務となり、出社せずITで会社、海外への連絡を行いベストな結果を会社は求める形となりつつあります。時代がAPPLEの軽量化、薄さ、高性能を求めていると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です