2017年3月?新型macbookPro は?発売日やスペックの予想や噂のまとめ

macbook Pro2016 スペックの予想と噂のまとめ

次はスペックについてです。スペック上の本体サイズ/重量は280.5×196.5×3.5~13.1mm(幅×奥行き×高さ)/0.92kgと2015年モデルと2016年モデルで変わりはないです。

実際に計測したところ2015年モデルが925.5g、2016年モデルが927gとごくわずかではあるが差が生じていた。Skylake世代のプロセッサ搭載にともないロジックボードが新たに設計されているので、グラム単位で実測重量が変化したのだのでしょう。

でも変わりはたいしてない気がします。

色はローズピンク。

Sponsored Link

可愛い色ですね。女子受けしそう。こちらは予想よりはるかに早く発売されたタイプです。

2016年モデルではデザインは変更なしで、Skylakeを搭載したことによってCPUがスペックアップがされています。

MacBookに関してはマカーの中でも評価がわかれる癖のある製品ですが、よくデメリットとしてあげられる非力なCPUが今回パフォーマンスアップしたのと、私はサブで使うこともあって懸念事項はゼロになったので即購入でした。デザインの変更はないようですね。15インチは変化するのでしょうか?

2016年8月30日追記

2016年発売予定となりました新型のMacBook Proは、ファンクションキーを排除して有機ELディスプレイのタッチバーをキーボードの上部に搭載するみたいですね。

今のところ報道されている有機ELディスプレイのタッチバーは起動しているアプリケーションのメニューを表示したり、データ転送のときにプログレスバーを表示したりと、ユーザーの行動に合わせて表示内容を変更するというものだそうです。

相当進化してきますね。

また、新型MacBook Proは以前のモデルよりも薄くなり、指紋認証でログインを行うTouch IDを搭載する見込みなんだそうです。

さて、次はディスプレイ予想です。

macbook pro2016 のディスプレイ予想 Thunderboltディスプレイ

調べているうちに段々専門用語でよく分からなくなってきましたが、次はディスプレイについてです。

ディスプレイはかなり進化するのではないかと言われています。

それは、GPU内蔵のThunderboltディスプレーが出るのではないかと噂されているからです。

GPU内蔵のThunderboltディスプレーが登場すれば、独立GPUを搭載しないMacBookでも自宅やオフィスなどでは高性能なGPUを使えることになるので、画期的な製品になるとの噂もあります。

色々便利になりそうです。問題は使いこなせるのかがかなり不安ですが。急に進化しますね。売りはあらゆる物をくっきり移す事という物です。重厚なビジュアル体験とも表現されています。

macbook pro 2016の価格と値段の予想

Macbook proは秋発売の物です。いつ発売されるのかは定かではありません。

残念ながら今のところ価格の予想は書かれていません。

この間発売された12インチのバージョンの物は14万8千800円でした。

すごく進化すると噂なのでもう少し高い価格になるのではないかと予想しています。2013年モデルと比べるとかなり価格が上がっているみたいですね。かなり進化しているのでしょうがないと思います。

いかがでしたか?色々調べてみました。色のバリエーションが増えたり使い勝手がかなり良くなっている2016年のモデル。中には神進化との表現までありました。

今までのモデルよりはるかに使いやすくなるので価格は少し高くてもしょうがないのでしょうか?ちなみに2015年の物は結構高額なのでそれを超えるのは確かですね。

Skylakeを搭載した事による代償と考えれば安いのでしょうか?やはりよく分かりません。価格が問題ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です