アップルはインテルのモデムをAT&TのIPHONE7に搭載QUALCOMMモデムはVerizonと中国。

噂ではINTELはIPHONE7シリーズのモデルでLTEとWIFIモデム搭載を少なくとも一部で行うと発表。サプライヤーのQUALCOMMと現状のサプライヤーで新レポートによれば会社との間でどのようなオーダーをされたのかに注目しています。BLOOMBERGのレポートによればINTELのモデムはAT&TIPHONE7モデルに残しておかれます、他のバージョンのスマートフォンは他国で販売されます。QUALCOMMはサプライヤーをVERIZONとALL中国モデルにとどめます。意味はQUALCOMMは他の場所でもオーダーをとどめることを意味します。INTELを選んだのはAPPLEの収益3分の2にかかわり重要なことです、また会社にとり賭けでもあります。2番目のソースによると長い付き合いでいい価格交渉を引き出せるとのことです。SANFORDCのSTAC BERNSTTEINY RASGONのようなアナリストによればQUALCOMMのモデムは電話にどれだけのNETWORKを持ってこれるかが審査基準となります。QUALCOMMのCEO、STEVE MOLLENKOPHはCHIPマーケットはモデム注文の減少を業界大手の大きな顧客招いています。しかしまだAPPLEビジネスの大きな部分を占めます。台湾のウェブサイト DIGITIMESによればINTELは50%ほどのIPHONE7シリーズ向けを供給。CLSAセキュリティーアナリストSRINI PAJJURIによれば、3月投資家はINTELシェアーのオーダーは意味あるポーションで、30パーセントから40%の生産減少を意味します。APPLEは噂ではINTELのSXMM7360速度の速いTHERORETICALダウンロードスピード450MBPSからUPLOADスピードは100MBPSまでです。QUALCOMMのX12MODEMはIPHONE7候補です。INTELとQUALCOMMモデムは噂ではMDM9635よりスピードが速くIPHONE6SとIPHONE6Sプラスにチップセットされます。300MBPSのダウンロードスピードとUPLOAD SPEEDは50MBPSです。REAL WORDスピードはネットワークLIMITATIONによりおそくなります。

コメント

IT業界の本体とパーツの供給体制の変化は性能と相互リンクして急激に変化しています。部品供給、販売の国際競争で各企業の生き残りをかけた戦いが始まっています、中国が大きな販売でのファクターを占めます、日本も楽天が欧州英国、スペインからの撤退を表明、日本企業も例外でなく国際競争の中での生き残りの選択を強いられています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です